浜松ではネット販売でも揃う仏具

仏具を揃えるには店舗販売とネット販売で検討してみよう

仏具とは、仏様やご先祖様を敬って供物をささげ礼拝や供養するための用具類のことを言います。
ここで言う供物とは、花やロウソクの灯り、線香の香りに加えご飯や水、果物などのお供えのもののことです。
この用具類はお坊さんが使うお寺用と一般家庭で使う家庭用のものがあり、そのほとんどはお寺用を起源とし、仏壇に収まるようにお寺用を小さくしたものです。
いずれもそのものの持つ意味や役割は同じで、仏壇とは切っても切れない関係なものです。
仏壇についても同様に起源はお寺にあり、お寺でお坊さんがお経をあげる場所を内陣と言い、それをコンパクトにしたものが家庭用の仏壇です。
供養は、線香の香りを供えることを香供養、花を供えることは華供養、ロウソクの灯りを供えることは燈供養、飲み物や果物などの食べ物を供えることは飲食供養と供物によって分類されています。

仏壇に合わせてさまざまな種類のある用具類

仏壇を飾る仏具には、お飾りを含めて6000種類以上あると言われています。
仏飯器・茶湯器・高坏・香炉・線香差し・燭台・花瓶・リン(カネ)・経机・木魚などが代表的です。
各宗教派の教義的な意味もあるため、それを無視することはできないため、仏壇のスペースも考慮しながら、必要となるものはお寺に確認してみるのが最適です。
花瓶・香炉・燭台と3つをこの配置とする三具足と中央に香炉、左右に花瓶と燭台をそれぞれ1づつ配置する五具足があり、法事などの正式な場合には五具足を使い、普段は簡略した三具足を使うのが一般的です。
これらの用具類は、仏壇店で取扱っているため、浜松市内でお探しの方は、浜松には約30件ほどの仏壇店が点在していますので、そちらで仏壇と合わせて揃えるのが最適です。

インターネットでのオンライン販売でも購入が可能

浜松市内の仏壇店では、店舗販売はもちろんインターネットのオンライン販売を実施している店もあります。
基本の三具足をはじめ、お経に必要なリンやリン棒、日々のお勤めを便利でかつ安全な常花・ローソク灯・打敷など、さまざまなものを単品やセットで販売しています。
それだけでなく、宗派などによる形の制約のないお位牌も取扱っており同じデザインであっても、素材や塗りなどの異なるいろいろなタイプを揃えているので、お好みのタイプを選ぶことができます。
それに加え、お盆に使うお盆飾りや小物も扱っており、ワンちゃんやネコちゃん用のお盆お迎えセットなどバラエティー豊富な商品を揃えているのがオンラインショップの特徴です。
店舗によっては、仏壇と仏具をセットにして販売しているところもあります。